コロナ禍

こんにちは
長い自粛期間がようやく明けましたが、皆さまはいかがお過ごしでしたか?
私たちスタッフも緊急事態宣言後からはほぼ在宅勤務となり、自宅にて会員の皆様との交流を深めておりました。

この自粛生活は、感染の不安や外出が出来ないストレスでもうこりごりだという方がいる反面、普段なかなか時間を共有できない家族と共通の時間を持てる貴重な期間だったとおっしゃる方も多くいたようです。私も結婚歴はさほど長くはありませんが、この自粛期間で最近の結婚生活を見直す良い機会になったと思います。

このコロナ禍で「コロナ離婚」という悲しい言葉が聞かれるようになりましたが、それ以上にパートナーや家族との絆を深めた方、このような不安な局面をともに乗り越えられる生涯のパートナーを見つけたいと強く思われる方が多くなったと感じています。
自粛中であっても当社に入会カウンセリングを受けたいとご連絡いただく方も多くいらっしゃいますし、現行の会員さまもこれまで以上に婚活・お見合いに本腰を入れて取り組もうと、緊急事態宣言解除後は前向きに活動を再開されています。

すでに婚活を頑張っていらっしゃる方、またこれから生涯のパートナー探しを始めようと思われている方、どうかそのお気持ちを強く持ち続けてください。
このコロナ禍でわたしが感じたことは、お互いを支え合えるパートナーがいるというはなにより素敵な事であり、この大きな不安にありながらも一人ではない安心感と共に過ごす時間がいかに幸せに満ちているかを改めて気づかせてくれました。
皆さんにも一日もはやく良きパートナーを見つけていただき、この感覚を体感していただきたいと思います。
皆様が安心して活動できるよう、スタッフ一同安心・安全を第一に皆さまの活動のサポートをさせていただきます!
一日も早く終息を迎え、皆さまに笑顔でお会いできるのを心より楽しみにしております。

会員さま体験談 その1

こんにちは。

今回は現在実際に当相談所にて活動をされている会員さまに、
色々とお話を伺う事ができましたので、これから婚活を始めよう、または
結婚相談所の入会を迷っているという方に会員さまの生の声をお伝えできればと思います。

ご入会の決め手、活動を始めてみて実際に感じられたこと、
活動をしていく中で感じた事など、これから数回に渡りお伝えしていこうと思います。

・まず初めに彼女のプロフィールを少々。

都内の一般企業にお勤めのOLさんで、ご年齢は40代後半の女性です。
お住まいは都内で、現在ご両親と同居されています。
 活発な印象でご友人も多く、とても明るい性格の会員さまです。

(文中は会員さまのお言葉通りに表記しています)
・ご自身の結婚に対する思いを伺いました 
 
 幼少期から強い結婚願望があり、結婚を意識したお付き合いがあったものの、結局結婚には至りませんでした。それでも30代~40代始めの頃は、多少出会いの機会もあったので、正直なところあまり焦ってはいませんでした。
ところが40代半ばにさしかかる頃には、出会いのチャンスが当然のように激減していきました。そして昨年親友2人が癌を発症したのをきっかけに、「自分が健康であるうちに絶対結婚したい!」という強い意志に変わってきました。

・結婚相談所に入ろうと思ったきっかけは?

 実は30代後半に、一度大手の結婚相談所に入会していたことがあり、その時は思うように活動が進まず、成果を得られないまま退会した経験があります。
それがトラウマとなり「結婚相談所には絶対入会しない!相談所の出会いでは自分の結婚相手は見つからない!」とずっと拒絶していました。
ところが親友の癌発症がきっかけとなり、いざ婚活を始めようと思った時に、正直自力で出会いのきっかけを作ることに限界を感じていました。最近若い人たちの間では婚活アプリやマッチングアプリなど様々な婚活スタイルがあるのは知っていましたが、自分の年齢を考えると、若い人達のようにゆっくり時間をかけることも難しいし、なにより真剣に結婚を考えるなら信頼できる相手と出会う必要があると思い、結婚相談所の入会を考えるようになりました。

・マリッジクラブを選んだ理由をお聞かせ下さい

いざ相談所に入会しようと思ってネット検索をしたところ、その数の多さに驚きました。前回の失敗があったので、どこに話を聞きに行ったら良いかと悩んでいたところ、偶然母の知り合いがこちらのカウンセラーさんをされていると聞き、マリッジクラブをたずねました。

前回の相談所とは違い、とてもアットホームな雰囲気で、カウンセラーさんが私の両親と同年代でとても穏やかで優しいお人柄でした。お話をしているうちにもう一人のお母さんと思えるような安心感と絶対的な信頼感を感じる事ができたので、自分でも驚くことにその場で入会を決めていました。


祝ご成婚退会!真剣交際期間6ヶ月

当相談所の男性会員様が2020年1月ご成婚退会されました。
この会員様は入会から丁度一年での退会です。
pixta_57143227_S.jpg
入会後数名の女性とお見合いをされましたが、直ぐに運命の方と出会えました。
彼女が大好きな街に男性会員の方が以前海外赴任をしていたことがキッカケでした。その活気あふれる海外赴任先の話題で大いに盛り上がり、その後とんとん拍子で交際は深まりました。しかし、ご両人とも勤務先の中枢を担われる要職にあり、お互いに仕事も忙しく若い方のような一足飛びの進展と言うわけにはいきませんでした。

真剣交際期間は6ヶ月にわたりました。6ヶ月と言う期間は私ども相談所からすると、ややじりじりする感がありましたが、お互いがお互いをよく知るために必要な期間でした。利発なお二人はこの期間にお互いを認め合い、一生の伴侶とする決断をされました。
若い方のスピーディでドラマチックな展開と言うわけではありませんでしたが、落ち着いた、安心して拝見できるドラマのようでした。

大人の交際はこうあるべきだとつくづく思いました。回りがいくらやきもきしてもお二人は落ち着いて対処されています。私たちも十分勉強になりました。
私共相談所一同心からお祝いを申し上げます。

中目黒結婚相談所カウンセラー日記

中目黒結婚相談所カウンセラー日記
2019年11月某日 晴れ
昨日は、小春日和に恵まれた1日でした。しかも嬉しいお客様が来所されたので、よけいに幸せな、楽しい一日となりました。

9月に入籍を済まされた新婚のご夫婦がわざわざお二人でご挨拶にお見えくださったのです。新郎とは今回初めてお目にかかったのですが、とても爽やかで純朴な素晴しい青年だと感じました。これならわが新婦を間違いなく幸せにしてくれるだろうと確信しました。 両家のご両親にもご挨拶も済まされ、ご両家とも大変お喜びだったそうです。すでに横浜に新居を構えたものの、荷物はまだまだ片付いていないそうです。それと言うのも新郎の勘違いらしいのですが、何が何でも入籍が先だと思い込んで両家への挨拶前、大安の吉日に役所に届けを出したそうです。そんなことからあちこちから結婚祝いを頂戴し、それへのご返礼とその上に新婦のお仕事が忙しく片付けにまで手が回らないそうです。
世間では結婚退会をしたものの、その後話がうまく進まないことも間々あるようです。新郎の誤解だったとはいえ先に入籍を済まされ、その余波で大分忙しい思いをされたと言うものの、「嬉しい悲鳴です」とおっしゃる、お二人の初々しい様子は思わず人を和ませます。

その後、近所の有名な蕎麦屋に場所を移しお祝いの小宴を催しました。昼間から楽しいお酒で我々二人のカウンセラーも幸せのおすそ分けをいただきました。
新婦が弊社に登録されたのが今年2月。初めから順調と言うわけではありませんでした。しかし、7月に新郎の新規登録を拝見しお見合いをお勧めしました。新郎が某相談所に登録をされてから弊社会員からのオファーが7件目だったそうですが、お気に入りに登録されていたこともあり即座にお見合いOKされました。同じ歳で同じ横浜在住ということもあり、最初からぴったり息があったそうです。初めてお目にかかったにもかかわらず「以前からの知り合いだったような錯覚に陥った」と言うことですから運命の出会いと言うべきでしょう。数回のデート後、お見合いから2ヵ月後には入籍をされると言うスピード婚です。永く婚活を続けられる方も多数いらっしゃる中で、こんなにうまくフィットする方を短期間で見つけられるのは大変幸運なことだと思います。

このご縁を末永く生かしていただきたいものだと思いました。

中目黒結婚相談所カウンセラー日記

2019年10月某日 曇り時々雨
先日の大型台風と大雨により、関東、東北各地で河川の氾濫、がけ崩れの被害が連日報道されています。亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。また、被害に遭われた方々には心からお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復旧をお祈りいたします。

さて、先日は台風襲来の日にお見合いを予定していたTさんに、やむなく延期を提案しお相手にもご了承を頂き、別の日で何とか再設定するなど、マイナス仕事に追われていました。そんな時Rさんへのお見合いオファー殺到は唯一嬉しいニュースでした。

やはり見た目9割です。 45歳と決して若くない(Rさんご免なさい)女性ですが、カウンセラーから見ても素敵に写真が撮れていました。 そこはかとない日本的な落ち着きと色気をにじませ、でしゃばり過ぎない奥ゆかしさと、しかし芯のしっかりした人柄を十分に感じさせ、ある年代以上の男性の目を十分引き付けるものでした。

他の同じような年代で、素晴しいキャリアーの女性に対してあまりオファーがこないのを見るにつけ写真のでき、ふできがこれほどの格差をもたらすとは、「見た目9割」の世界とは言え、ちょっと理不尽さを感じました。 Rさんとは、直接担当のカウンセラーが協議し3~4件の候補者を選び出しました。今後その選ばれた方々との実際のお見合いが順次行われます。 現実の落ち着いた穏やかなお人柄に直接触れて、Rさんを気に入っていただける人が現れRさんにとっても運命の出会いが実現する事を期待しています。
次回の「中目黒結婚相談所カウンセラー日記」で続報をお知らせします。
main2.png

ご成婚された会員さんに伺いました

先日ヒューマニケーション・マリッジクラブをご成婚退会されたOさんにご成婚に至るまでのお話を伺いました。これから婚活を始めようと思っている方へのアドバイスになれば嬉しいです。
💓何故入会されたのですか?
私がヒューマニケーション・マリッジクラブに入会したのは今年の2月のことでした。それまで所属していた結婚相談所には物足りないものを感じていたところ、たまたま父が持ち帰ったパンフレットをじっくり読んでみました。 私がヒューマニケーション・マリッジクラブに入会しようと思ったのは、ヒューマニケーションは元CAの方が研修をしている会社なので、マナー、ファッション、カラー、話し方、立ち居振舞い、コミュニケーションなど研修が受けられると思いましたし(社会人としても花嫁修業としてもプラスになる)、人を扱う仕事をされているので結婚相談業としても会員を大切にしてくれるかなと思ったからです。 1人ひとりの個性を大事にしつつ、気になるところは指摘して修正方法もアドバイス下さるなど、きちんと向き合ってくださるカウンセラーさんがいるところがよいですよね。さらに2名の男女ベテランカウンセラーが担当してくださるので、例え何かの困難があっても安心だなと思い入会しました。
okada.jpg

💓ご成婚のお相手はどんな方?
2月の登録以降、何件かのお見合いを経た後、7月にヒューマニケーション・マリッジクラブのご紹介でお会いした男性が運命の人でした。上場企業にお勤めで同年齢(36歳)の方でした。初めてお会いしたのに前からずーっと一緒にいるような感覚におそわれました。 数回のデートではありましたが一緒にいて楽しいし、もっと一緒にいたいと思うようになりました。そして二週間後には真剣交際の意志は固まっていました。 もちろん両家の両親とも大喜びで9月には入籍しました。これほど相性が良い相手にめぐり合えるなんて運命の不思議を感じているところです。
💓カウンセラーがいて良かったと思うことは?
こんなにトントン拍子に物事が進むなんて自分でもびっくりしています。その間、上手く進めない時に私のわがままをたしなめて下さたり、悩んでいる時にお食事に誘ってくださって親身になって話を聞いて下さり、お二人のカウンセラーさんには心から感謝しています。 これからは二人で幸せな家庭を築き上げて少しでも恩返しができればと思っています。 また、今迷っている方がいれば一日も早く入会されて私たちに続いてくださればと願っています。
(横浜市在住 N , O)

成功するお見合いの秘訣

好感を持たれる第一印象
① 自分の魅力に気づく

婚活のお見合いで「魅力的な素敵なお相手と巡り合いたい」これは婚活している人の願いで
すね。その様な素敵な方とお付き合いするには自分自身も魅力的でなければ、長いお付き合
いに繋がりませんね。

貴方は自分の魅力を知っていますか?
魅力には外面的な背が高い、スタイルが良い、肌が綺麗など身体的なもの
内面的な明るい、優しい、気が利く、理知的などがありますよね。
そして女性であれば具体的に家庭的、料理やお片付けが好き!も魅力のひとつですね。

自分の魅力を知る方法として自分の長所をよく考えて言葉にすることで
改めて自分を確認することが出来ます。
また、人は自分自身の事はよく見えませんが、他人の事に関しては案外細かい点まで
よく気が付くものです。親しい人に聞くことも客観的に自分を知る方法です。

特に仕事や趣味の分野で得た力や打ち込めるものを持っている人は魅力的です。
何かを成し遂げ成果を上げる過程の中で、その努力があなたの成長を促しているはずです。

あなたの趣味は何ですか?読書やお菓子作り?音楽鑑賞?ゴルフ?
一つの趣味を深めるもよし、色々なことに興味を持ち、幅広い趣味を持つのもありですね。

魅力を高める、つまり自分磨きはこれからもずーっと常に意識しましょう。

考えてみよう!:
   私の外見的魅力:
   私の内面的:
   自分磨きで、今後3カ月間努力する事:何を(        )
                    どの様に(            )


暑中見舞い

知っておくべき基本マナーのおはなし

猛暑が続きますがいかがお過ごしでしょうか?
「暑中お見舞い申し上げます」という言葉をご存じだと思います。
最近はスマートフォンやモバイル通信の普及によりSNSでの情報交換が出来るようになり、すっかり年賀状や暑中見舞いのはがきを出す習慣が薄れてしまいました。
でも暑い中涼しげな暑中見舞いの近況を頂くのは嬉しいものです。

暑中見舞いを出す時期をご存じですか?覚えていてくださいね。
7月に入って梅雨の時期から8月上旬立秋までです。今年の立秋は8月8日です。
立秋が夏の暑いピークですからそれが過ぎたら残暑見舞いになります。
8月中に出すと良いですね。

SNSでもその様なご挨拶をしてみては如何でしょう。
hanabi .jpg

「当世結婚事情」

第2回は、マッチングアプリと結婚相談所について考えてみます。
豊富な人生経験を持つカウンセラーからのアドバイスにご期待ください。

第1回は、当世の結婚事情について結婚相談所の役割を考えてみましたが、今回は知られているようで、知られていない結婚相談所におけるマッチングアプリの役割について考えて見ます。

年齢、住所、収入、趣味、写真、学歴、相性などから自分の希望にかなうお相手を瞬時に見つけ出してくれるのは、世に言うマッチングアプリのおかげです。マッチングアプリとは、コンピューターを通じてお相手を選別し、出会いを演出するシステムだと言えるでしょう。

マッチングアプリは、いわゆる出会い系サイトや婚活サイトから、AIを使ってまじめに結婚相手を選び出す結婚相談所サイトまで多種多様な目的のために使われます。出会いやマッチングだけを目的とし、それだけで完結するマッチングアプリと、最終目的は結婚であって、マッチングアプリは単なる手段とする結婚相談所とでは、同じマッチングアプリとは言え、その目的によって完全に区別されるべきものです。むしろ、結婚相談所ではその後、二人が成婚にいたるかどうかがもっとも重視され、改良が加えられるからです。

出会い系サイトでは、免許証のコピーで年齢確認をするぐらいで簡単に会員になれますし、会って気に入らなければそれまでの話です。結婚相談所では住民票、卒業証明書、独身証明書、年収証明書などの書類で身元の確認をしたうえで、さらに相談所との面接を経て本人の好みや個別の事情を聞き取ります。その上でマッチングアプリにより6万人の会員(IBJ/2019年)からベストマッチを探し出します。それだけお見合いやお付き合いを含め、相談所は親身になって必要な情報を提供し、当然高い成婚率も誇ります。

近々、AIを使ったより精度の高いマッチングアプリが提供されることになっており、今後ますます楽しみです。


main2.png